2013年09月14日

9月13日は、ピエール・ビーズの日!!@たけや 2013.9.13

ピエール・ビーズ.png

R01_0089.jpg

数々の美しい古城で知られるロワール地方。

シャトー・ピエール・ビーズは、そのロワール地方・アンジェ地区の銘葡萄園で名高いレイヨン村にあります。

1970年代に両親からドメーヌを引き継いだクロード・パパン氏は、自然を尊重したワイン造りを実践。

補糖は一切せず、酵母も自然酵母のみを使っています。

R01_0085-thumbnail2.jpg


descriptif Espoa.jpeg

13日の会にメッセージをいただきました。

日本のエスポアの皆様とは長期に渡る友情で結ばれ、また今回、9月13日に私たちシャトー・ピエール・ビーズのワインを選んでいただけたことを、とても嬉しく思っています。
 
こちらでは、2人の息子、クリストフとルネが加わり、順調に世代交代が進みつつあります。

彼らもこの13日の会をとても楽しみにしています。
 
私たちの畑やワインに懸ける情熱を理解し、サポートして下さってありがとうございます。

皆様の友情と変わらぬご愛顧に感謝しています。
 
9月13日には私たちも皆様と共に乾杯したいと思います。

良い日になりますように!カンパイ!
 
クロード、ジョエル、パパン家一同より

IMG_8315.jpg

R01_0091.jpg

 
2009 ル・オー・ド・ラ・ガルド http://takeya.ocnk.net/product/252

A.O.C.アンジュ

<白・辛口コクあり>

シュナン・ブラン100%

桃、りんご、くちなしの花、ハチミツ、レモンバーム、ミント、さらに貴腐のような濃厚で複雑な香り。

凝縮したコクと複雑で上品な味わいが人気のこの蔵メインアイテム。

旨味たっぷりで余韻も長く、いろんな料理と合うワイン。

海老、イカ等魚介の炒め物、チキンのクリーム煮。

中華やインド料理などのエキゾチックな料理にも合う。

シュナン.png


2012 カベルネ・ダンジュ  ロゼ ドゥミ・セック http://takeya.ocnk.net/product/9

A.O.C.カベルネ・ダンジュ

<ロゼ・やや甘口>

カベルネ・ソーヴィニヨン50% カベルネ・フラン50%

濃厚でコクのある本格的ロゼワイン。

直接プレス方式なのに、濃く鮮やかな色合いなのは、なんとヴァンダンジュ・タルディヴ(遅摘み)のブドウを使っているから。熟したイチゴのような香りが心地よく漂う。

チャーミングで上品な甘味と程よい酸味のバランスが抜群で、とても飲みやすいロゼ。

酢豚、新鮮なオリーブオイルで頂くマグロのカルパッチョ。中華料理にもピッタリ!

カベルネ.png

2010 シュール・シスト http://takeya.ocnk.net/product/36

A.O.C.アンジュ・ヴィラージュ

<赤・ややコクあり>

カベルネ・フラン80%カベルネ・ソーヴィニヨン20%

カベルネ2種をブレンドした人気の赤。

甘酸っぱいサクランボやバラの花の香り。

熟したタンニンが滑らかで心地良い質感。

キレの良い酸味と派手すぎない控えめな果実味のバランスがなんとも絶妙で、コクがあるのに飲みやすい。

完成度の高い1本。

マーボー豆腐、ミンチカツと。

005.JPG

2013.9.13.JPG

001.JPG

002.JPG

003.JPG


現地買い付けワインのお店「たけや」http://takeya.ocnk.net/
posted by ひさかず at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。